このトピックでは、Windows Server バックアップ MMC スナップインのバックアップ (1 回限り) ウィザードの各ページでの手順を説明します。

ページ 詳細

バックアップ オプション

前提条件と全体の処理の詳細については、「チェックリスト: 手動バックアップを実行する」を参照してください。

このウィザードの使用手順の詳細については、次を参照してください。

次に、このページを使用して、このバックアップと同じ設定を使用するか、またはこのバックアップとは異なる設定を使用するかを指定できます。

バックアップの構成の選択

ファイル、データ、アプリケーション、およびオペレーティング システム状態を含むすべてのボリュームをバックアップするか、または特定のボリュームまたはファイルだけをバックアップするかを選択できます。

バックアップする項目を選択

バックアップに含める項目に対応するチェック ボックスをオンにして、システム状態の回復またはベア メタル回復で使用できるようにバックアップを有効にします。さらに、[詳細設定] をクリックして、特定のファイルまたはフォルダーの種類を除外するツールにアクセスし、バックアップをボリューム シャドウ コピー サービスの完全バックアップとコピー バックアップのどちらにするかを指定します。

作成先の種類の指定

バックアップを接続されたドライブに保存するか、リモート共有フォルダーに保存するかを指定します。

バックアップ先の選択

バックアップをディスクまたは DVD に保存する場合は、使用するディスクまたは DVD ドライブを選択します。

リモート フォルダーの指定

バックアップをリモート共有フォルダーに保存する場合は、フォルダーへのパスを入力します。

バックアップを作成するときに、WindowsImageBackup\<ComputerName> フォルダーが共有フォルダーに追加されます。バックアップは、この <ComputerName> フォルダーに保存されます。ただし、共有フォルダー名の末尾には、追加するフォルダーの名前を付けないでください。

またこのページでは、バックアップを使用する際にバックアップの作成に適用した資格情報を要求するか、またはリモート フォルダーにアクセスできるすべてのユーザーがバックアップにアクセスできるようにするかを指定します。

概要

ウィザードでの選択内容を確認します。[バックアップ] をクリックすると、選択した 1 台以上のディスクがフォーマットされるか、または現在のスケジュールに加えられた変更が反映されるか、あるいはその両方が実行されます。

バックアップの進行状況

スケジュールが正常に作成または変更されたかどうかの状態が表示されます。

その他の考慮事項

  • Windows Server バックアップで単発のバックアップを作成するには、Backup Operators グループまたは Administrators グループのメンバーであるか、適切な権限が委任されている必要があります。

  • BitLocker ドライブ暗号化を使用してサーバーを保護している場合は、可能であれば、選択する記憶域の場所も BitLocker ドライブ暗号化を使用して保護してください。この操作は自動的には実行されません。明示的に有効にする必要があります。手順の詳細については、Windows BitLocker ドライブ暗号化手順ガイドに関するページ (英語の可能性あり) (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=143722) を参照してください。

詳細情報


目次