IIS 7.0 には、Web アプリケーションの診断とトラブルシューティングに関する新しい機能が含まれています。IIS は、特定の要求のトレース イベントをバッファーし、それらのイベントがユーザーが構成したエラー条件に一致する場合のみ、これらをディスクに保存します。また、アプリケーション プール、ワーカー プロセス、サイト、アプリケーション ドメイン、および実行中の要求に関する情報をリアルタイムにキャプチャできます。

メモ

失敗した要求に対してトレース ログを作成する前に、トレース ログを有効にする必要があります。

 手順参照
チェック ボックス

IIS 7.0 でのトラブルシューティングの概要

Web アプリケーションのトラブルシューティング

チェック ボックス

アプリケーションの失敗条件を定義し、URL ベースで記録するトレース イベントを設定します。

失敗した要求に関するトレースを構成する

チェック ボックス

IIS のログ設定を構成します。

IIS 7.0 でログ記録を構成する

チェック ボックス

サーバー上で実行するワーカー プロセスを一覧表示し、各ワーカー プロセスについて現在実行中の要求を一覧表示します。

ワーカー プロセスおよび現在実行中の要求を監視する

関連項目


目次