Windows Server バックアップの回復ウィザードを使用して、アプリケーションとその関連データをバックアップから回復することができます。これを行うには、アプリケーションがボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) ライターを備えていて、Windows Server バックアップに登録できる状態であり、回復に使用するバックアップの作成時にアプリケーションと VSS ライターが実行されている必要があります。アプリケーションを Windows Server バックアップに登録する手順については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=93493 (英語の可能性あり) を参照してください。VSS の使用方法については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=95935 (英語の可能性あり) を参照してください。

操作を開始する前に、アプリケーションのバックアップが少なくとも 1 つ、ローカルまたはリモート共有フォルダーに存在することを確認します。また、ディスクが接続されていてオンラインになっているか、またはリモート共有フォルダーが使用できることを確認します。アプリケーションを回復するためのバックアップの作成手順については、「アプリケーションおよびデータをバックアップする」を参照してください。

Wbadmin start recovery コマンドを使用してこのタスクを実行することもできます。このコマンドの使用例と構文の詳細については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=143758 (英語の可能性あり) を参照してください。

Windows Server バックアップのユーザー インターフェイスを使用してアプリケーションを回復するには
  1. [スタート] メニューから、[管理ツール] をクリックして、[Windows Server バックアップ] をクリックします。

  2. スナップインの既定のページにある [操作] ウィンドウの [Windows Server バックアップ] で、[回復] をクリックします。回復ウィザードが開きます。

  3. [はじめに] ページで、次のいずれかの操作を行い、[次へ] をクリックします。

    • [このサーバー] をクリックします。

    • [別のサーバー] をクリックします。[バックアップの場所の種類指定] ページで、次のいずれかの操作を行い、[次へ] をクリックします。

      • [ローカル ドライブ] をクリックします。[バックアップの場所の選択] ページで、バックアップを含むボリュームまたはドライブをドロップダウン リストから選択します。[サーバーの選択] で、回復するデータのあるサーバーを選択します。

      • [リモート共有フォルダー] をクリックします。[リモート フォルダーの指定] ページで、バックアップを含むフォルダーへのパスを入力します。フォルダーで、バックアップを \\<RemoteSharedFolder>\WindowsImageBackup\<ComputerName>\<YourBackup> に保存する必要があります。

  4. [バックアップの日付の選択] ページで、回復元のバックアップの日付をカレンダーから選択し、時刻をドロップダウン リストから選択して、[次へ] をクリックします。

  5. [回復の種類の選択] ページで、[アプリケーション]、[次へ] の順にクリックします。

  6. [アプリケーションの選択] ページの [アプリケーション] で、回復するアプリケーションをクリックします。使用するバックアップが最新のものであり、回復するアプリケーションでアプリケーション データベースの "ロールフォワード" がサポートされている場合は、[アプリケーション データベースのロールフォワード回復を実行しない] というチェック ボックスが表示されます。現在サーバーにあるアプリケーション データベースのロールフォワードを Windows Server バックアップで実行しない場合は、このチェック ボックスをオンにします。[次へ] をクリックします。

  7. [回復オプションの指定] ページの [回復先] で、次のいずれかの操作を行い、[次へ] をクリックします。

    • [元の場所に回復する] をクリックします。

    • [別の場所に回復する] をクリックします。回復先の場所へのパスを入力するか、または [参照] をクリックして選択します。

    重要

    アプリケーションを別の場所にコピーすることはできますが、アプリケーションを別の場所や別の名前のコンピューターに回復することはできません。

  8. [確認] ページで詳細を確認し、[完了] をクリックします。一覧に表示された項目が回復されます。

  9. [回復の進行状況] ページで、回復操作の状況と、回復操作が正常に完了したかどうかを確認できます。

その他の考慮事項

  • Windows Server バックアップでバックアップからアプリケーションを回復するには、Backup Operators グループまたは Administrators グループのメンバーであるか、適切な権限が委任されている必要があります。

  • このタスクは、Windows Server バックアップ Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインの [別のコンピューターへ接続] オプションを使用して、別のサーバーに対してリモートで実行することもできます。リモート サーバーの Administrators グループまたは Backup Operators グループのメンバーであることを確認してください。Backup Operators の場合は、リモート コンピューターに接続できるように、リモート コンピューターで DCOM (分散コンポーネント オブジェクト モデル) セキュリティ設定が設定されていることを確認してください。

    この機能を使用できるのは、ローカル サーバーとリモート サーバーで同じバージョンの Windows が実行されている場合 (Windows Server 2008 か Windows Server 2008 R2 のどちらかが両方で実行されている場合) のみです。さらに、この機能を使用して、Windows クライアント オペレーティング システムの任意のバージョンを実行するコンピューターを管理することはできません。

その他の参照情報


目次