Windows Server バックアップの回復ウィザードを使用して、ファイルやフォルダーをバックアップから回復することができます。開始する前に、次の作業を行ってください。

  • バックアップが少なくとも 1 つ、外付けディスクまたはリモート共有フォルダーに存在することを確認します。DVD やリムーバブル メディアに保存されているバックアップからファイルやフォルダーを回復することはできません。さらに、Windows Server 2008 を実行するコンピューターを回復する場合、バックアップがシステム状態のバックアップではないことを確認してください。ファイルおよびフォルダーの回復は、システム状態のバックアップからは実行できません。ファイルおよびフォルダーのバックアップの作成手順については、「自動バックアップを構成する」および「手動バックアップを実行する」を参照してください。

  • バックアップをホストしている外付けディスクまたはリモート共有フォルダーがオンラインであり、サーバーから使用できることを確認します。

  • 回復するファイルまたはフォルダーを決定します。

Wbadmin start recovery コマンドを使用してこのタスクを実行することもできます。このコマンドの使用例と構文の詳細については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=143758 (英語の可能性あり) を参照してください。

Windows Server バックアップのユーザー インターフェイスを使用してファイルおよびフォルダーを回復するには
  1. [スタート] メニューから、[管理ツール] をクリックして、[Windows Server バックアップ] をクリックします。

  2. スナップインの既定のページにある [操作] ウィンドウの [Windows Server バックアップ] で、[回復] をクリックします。回復ウィザードが開きます。

  3. [はじめに] ページで、次のいずれかの操作を行い、[次へ] をクリックします。

    • [サーバー] をクリックします。

    • [別のサーバー] をクリックします。[バックアップの場所の種類指定] ページで、次のいずれかの操作を行い、[次へ] をクリックします。

      • [ローカル ドライブ] をクリックします。[バックアップの場所の選択] ページで、バックアップを含むボリュームまたはドライブをドロップダウン リストから選択します。[サーバーの選択] で、回復するデータのあるサーバーを選択します。

      • [リモート共有フォルダー] をクリックします。[リモート フォルダーの指定] ページで、バックアップを含むフォルダーへのパスを入力します。フォルダーで、バックアップを \\<RemoteSharedFolder>\WindowsImageBackup\<ComputerName>\<YourBackup> に保存する必要があります。

  4. [バックアップの日付の選択] ページで、回復元のバックアップの日付をカレンダーから選択し、時刻をドロップダウン リストから選択します。[次へ] をクリックします。

  5. [回復の種類の選択] ページで、[ファイルおよびフォルダー]、[次へ] の順にクリックします。

  6. [回復する項目の選択] ページの [利用可能な項目] で、必要なフォルダーが表示されるまで一覧を展開します。フォルダーをクリックして、その内容を隣のウィンドウに表示します。回復する各項目をクリックして、[次へ] をクリックします。

    Shift キーおよび Ctrl キーを使用すると、項目の範囲や特定の項目セットを選択できます。

  7. [回復オプションの指定] ページの [回復先] で、次のいずれかの操作を行います。

    • [元の場所] をクリックします。

    • [別の場所] をクリックします。回復先の場所へのパスを入力するか、または [参照] をクリックして選択します。

  8. [バックアップ内の項目が回復先に既にある場合] で、次のいずれかをクリックして、[次へ] をクリックします。

    1. コピーを作成して両方のバージョンを保持する

    2. 回復したバージョンで既存のバージョンを上書きする

    3. 回復先に既に存在する項目は回復しない

  9. [セキュリティ設定] で、必要に応じて [回復するファイルまたはフォルダーに対し、アクセス制御リスト (ACL) のアクセス許可を復元する] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

  10. [概要] ページで詳細を確認し、[完了] をクリックします。指定した項目が回復されます。

  11. [回復の進行状況] ページで、回復操作の状況と、回復操作が正常に完了したかどうかを確認できます。

その他の考慮事項

  • Windows Server バックアップでバックアップからファイルおよびフォルダーを回復するには、Backup Operators グループまたは Administrators グループのメンバーであるか、適切な権限が委任されている必要があります。

  • このタスクは、Windows Server バックアップ Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインの [別のコンピューターへ接続] オプションを使用して、別のサーバーに対してリモートで実行することもできます。リモート サーバーの Administrators グループまたは Backup Operators グループのメンバーであることを確認してください。バックアップ オペレーターの場合は、リモート コンピューターに接続できるように、リモート コンピューターで DCOM (分散コンポーネント オブジェクト モデル) セキュリティ設定が設定されていることを確認してください。

    この機能を使用できるのは、ローカル サーバーとリモート サーバーで同じバージョンの Windows が実行されている場合 (Windows Server 2008 か Windows Server 2008 R2 のどちらかが両方で実行されている場合) のみです。さらに、この機能を使用して、Windows クライアント オペレーティング システムの任意のバージョンを実行するコンピューターを管理することはできません。

その他の参照情報


目次